男女

仲直りしたい時の方法

スマホ

短い言葉を送るのがコツ

人間はちょっとした誤解でケンカしたり別れたりすることがあります。特に恋人同士の場合はケンカ別れしたあとで後悔することが多いです。しかしお互いに意地を張っていると、素直に謝ることができずに本当の別れにつながることがあります。もし本当に復縁をしたいのなら、意地を張らないで過ちを認めることが大事です。その時に利用すると効果的なのがメールです。電話をかけると相手が出ない場合がありますが、メールならいつでも読むことができます。相手が怒っている場合でもメールが来ると気になるものです。気持ちが落ち着いてくると、メールに何が書いてあるのか読みたくなります。電話だとすぐに出なくちゃならないので相手も緊張します。しかしメールだと落ち着いた時に読むことができるというメリットがあります。復縁のメールで大事なことは、元の関係に戻りたいというようなことは書かないことです。グダグダと弁解がましいことを書くよりも、ゴメンと一言書いて送った方が復縁効果はあります。元気してる、という一言でもいいのです。復縁のメールを短い言葉で、相手を気遣うようなことを書いて送るのがポイントです。相手から返信が来ないからといって、何度も送信するのは逆効果になります。1回送信したら3日ぐらいは様子を見て待つことが大事です。3日も時間があれば相手の気持ちも落ち着いてくるので、きっと返信してくれます。それでも返信がない場合はもう一度、メールをします。2度目のメールは自分の身近な出来事を書いて送ります。何度か送っていると、必ず返信がきて復縁できます。